FC2ブログ
不適切投稿の東大特任准教授謝罪
東京大学大学院情報学環・学際情報学府で特任准教授を務める大澤昇平さんが12月1日、Twitterで「当職による行き過ぎた言動が、皆様方にご迷惑、不快感を与えた点について、深く陳謝します」と謝罪した。
以上、Yahooニュース(ハフポスト日本版)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00010001-huffpost-soci


「中国人は採用しません」


「そもそも中国人って時点で面接に呼びません。書類で落とします」


という思いを抱くことは


個人の自由です。


しかし


その思いを


文字にして


しかも


ツイッターに投稿


というのは


どう考えても問題があります。


ご自分の立場を認識していれば


世間に向けて発信すべきではなく…


いえいえ


発信する必要のない情報です。


実際


その不適切な発信による


弊害が浮かび上がってきています。


まず


大学が公式サイトにおいて


「書き込みは大変遺憾」


とする見解を示しました。


また


公開講座への寄付停止…


企業との業務提携解消…


という事態に立ち至っています。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/12/04 23:16] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
期末試験のヒントをツイッターに投稿で教諭処分/兵庫県教委(2)
前回の続きです。


記事には


「後日」「指摘」があったのは


保護者


としか書いていません。


学校関係者や生徒らは


スルー


ということでしょうか?


とすると


処分された教諭の行為を


問題ない


と認識している可能性があります。


この推測が事実ならば


学校関係者や生徒の認識にも


問題があると思います。


これに加えて…


保護者から指摘があったから


対応した


という学校側の


消極的な姿勢にも


疑問が残ります。


改めて


この問題をふり返ると


“ヒント”は


教諭が


授業のなかで


生徒全員に対して示せばよかったのではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/12/02 23:02] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
期末試験のヒントをツイッターに投稿で教諭処分/兵庫県教委
期末試験の前日に問題のヒントをツイッターに投稿したとして、兵庫県教委は26日、県立高校に勤務する40代の男性教諭を戒告の懲戒処分とした。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00000054-mai-life


報道されていることについて…


もし


保護者からの指摘がなかったら


何事もなく


処分には至らなかったということでしょうか。


まず この点が気になりました。


そして


ツイッターをみた生徒にはヒントとなり


みていない生徒には情報が届かず


不公平


という声が上がったのかもしれません。


ですが


そもそも


問題を作成した教員がその問題の


ヒントを


ツイッターに投稿していいのでしょうか?


SNSは便利ですが


このような使い方は


問題ありと思われます。


また


教諭が


個人のアカウントを公開している時点で


県教委が定める


「生徒との個人的なやりとりは控えるように」


という規則に抵触していると思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/12/01 23:03] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
小学6年女児誘拐事件/大阪市(3)
前回の続きです。


驚くべきことに…


逮捕された容疑者は


助けを求めていたから助けた


という趣旨の供述して


さらに


「正しいことをした」


とも供述しているようです。


これ


完全に


誘拐の正当化


ですね。


もし


本当に助けを求めていたなら


保護するところは


容疑者の自宅ではなく


児童相談所です。


異常な行動ということに気づいていない容疑者…


それにしても


「スマートフォンを取り上げられた」


「靴を隠された」


「端末のsimを抜かれ電源を切られた」


「1日1食」


「風呂2日に1回」


「鉄砲の弾のようなものを見せられた」


これらをまとめると


容疑者は


心理的虐待+ネグレクト+脅迫行為


という生活環境を意図的につくり


子どもを軟禁していた


ということになります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/11/28 23:16] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
小学6年女児誘拐事件/大阪市(2)
前回の続きです。


再会した親は


「本当に感謝をしております」


というコメントを出していますが


親として


小学生の子にスマートフォンを持たせていたことについて


どう考えているのでしょうか?


もし


ルールを決めず


自由に使わせていたなら


親の責任は重大です。


今回は


運がよかっただけと思われます。


状況によっては


命に関わる事件に


巻き込まれたかもしれません。


このような問題は


学校に指導や教育を押しつける性質のものではなく


それ以前に


親が子に


普段の生活のなかで


子どもと共有


していくべきテーマです。


親自身が


自ら学んで情報を得ていく必要があります。


それを子どもと共有する


ということです。


それでも…


小学生にはスマートフォンは必要ありません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/11/27 23:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (704)
政治 (295)
社会 (365)
スポーツ (361)
教育/学校/子ども (1488)
エンタメ (236)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!