FC2ブログ
10歳の子どもが1か月で60万円課金
先月9日以来、穆さんの娘の芸ちゃん(仮名)が、あるショートムービーアプリにのめり込み、1か月もたたぬうちにライブ・キャスターに「プレゼント」を贈り、「コスチューム(衣装)」を購入するなど、4万元(約60万円)を超える金額を使ってしまった。
以上、Yahooニュース(CNS China News Service)引用
https://news.yahoo.co.jp/articles/59b7da3e8fce5ad8b2319b63f74402b1b9469434


この事件


子どもがどうというより


親の責任ではないでしょうか。


子どもが自分から


インターネットにアクセスできる環境は


危険であると同時に怖いものです。


そのことをどう認識していたのか?


子に対する親の


監督不行き届き


です。


それにしても…


娘だからといって


なぜ


カードのパスワードが伝わっているのでしょうか?


パスワードを知っていた娘が


もし


家族と関係の無い第三者に


パスワードを教えたら…


などと考えるのがふつうであると思われます。


「私の娘は未成年です。娘は訳も分からず誘導されて4万元を消費させられたのです」


と親は訴えていますが


どうなんでしょうか。


子を持つ保護者の責任として


子どもがインターネットの闇に引き込まれないよう


あらかじめ


なんらかの制限をかけておくべきだったと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2020/05/26 12:55] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
高校美術科新任講師の前に壁が立ちはだかる(2)
前回の続きです。


前回は


内容が本筋からかなりそれてしまいました。


改めて言いたいことを書きます。


記事のなかで気になったことは


高校の美術科


という部分です。


大学等の教職課程を履修して


教員免許状を取得しても


中学・高校の美術科は


狭き門となっています。


記事には「非常勤講師」


と書かれていますが


実際に


多くの場合


授業コマを得たとしても


非常勤講師としての採用になります。


このような状況で


生活設計をするためには


複数の学校で非常勤講師をして


生活費を稼がなければなりません。


正職(正規の教育職員)となるためには


教員採用試験を受験して最終合格までたどり着く必要がありますが


複数の学校で非常勤を掛け持ちすると


教員採用試験の受験に向けての勉強をする時間がとれなくなります。


どうしても「正職として」教壇に立ちたいなら


小学校教諭の免許を取得して


小学校全科で教採を受けたほうが近道かもしれません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2020/05/22 03:50] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
高校美術科新任講師の前に壁が立ちはだかる
画家になる夢を持ちつつ教職に就く主人公の成長を描くマンガ「あなたそれでも教師ですか」。
以上、Yahooニュース(withnews)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000002-withnews-sci&p=1


記事には…


「一見、冷たく感じる女子生徒の『誰もアンタの話なんて聞いてないから』」


と書かれていますが


この「誰もアンタの話なんて聞いてないから」というフレーズは


学校現場やその関係に限定しても


新任の挨拶だけでなく


さまざまな場面、シチュエーションに


登場します。


たとえば


入学式の祝辞…式辞…来賓挨拶…怒涛のラインナップ


児童・生徒の思いは


“誰もアンタの話なんて聞いてないから”


ではないでしょうか?


同じような内容で


だらだらと


続いていく。


10分?…長すぎます。


5分?…長すぎます。


せいぜい1分ですね。


あえて言えば


そもそも話そうとする内容を


なにかに書いてきて


それを読むこと自体


おかしいと思います。


児童・生徒+ざわざわしている保護者らに


「きいてほしい」のならば


面を上げる(おもてをあげる)べきです。


そして


一応聞いている態勢になっている人(児童・生徒・保護者)の目をみて話すのです。


それができれば… “誰もアンタの話なんて聞いてないから”と思う人は減ります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2020/05/21 19:06] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
休校の長期化で子どものゲーム依存懸念/新型コロナ(2)
前回の続きです。


ゲームによるバーチャル体験が


なぜデメリットになるのか?


その大きな理由のひとつは


人間が


社会のなかで


動きながら生きているからです。


ゲームで


長時間動かず


ゲームのディスプレイモニターを凝視していれば


相当の疲労感に襲われます。


いわゆる


ゲーム酔い


とか


3D酔い


などという症状が出てくるのです。


これらは


テクノストレスに含まれるもので


簡単に表現すると


長時間のゲームで頭が疲れて(痛くなって)気持ち悪くなる


ということです。


これに加えて


長時間浴び続ける


電磁波


さらには


目の疲れによる


視力の低下


も懸念されます。


ゲーム中心というシチュエーションは


人間社会には向いていないのです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2020/05/16 05:27] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
休校の長期化で子どものゲーム依存懸念/新型コロナ
新型コロナウイルスの感染拡大で休校が長期化し、自宅で過ごす子どものインターネットやゲーム依存が懸念されている。休校期間中にネット動画視聴やゲームに費やす時間が増えたとの調査結果も。依存症の専門家は、生活リズムを崩す危険性に言及し「保護者は時間の管理を」と呼び掛けている。
以上、Yahooニュース(共同通信)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200508-00000017-kyodonews-soci


おそらく


日々の生活のなかで


なんとか時間をつくって


その時間にじぶんの好きなことをする


という人もかなりいると思います。


なにが言いたいのか… 


生活にメリハリがないと


どんなものでも


飽きる


ということです。


たとえば… ゲームもそうです。


stay homeの状態で


自由にできる時間がたくさんあって


その時間をずっとゲームに充てていたら


ほとんどの人は


飽きます。


ゲームはあくまで


バーチャル空間なので


実際に動いていません。


ゲームをしている人の頭のなかで


コントローラ―やパッドなどを通じて


その思考回路が


実際に動いたり、戦ったり、飛んだり走ったりしている


つもり


になっているだけです。


確かに


バーチャル体験ができることは


ゲームのメリットですが


同時にデメリットでもあります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2020/05/15 18:16] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (761)
政治 (307)
社会 (386)
スポーツ (383)
教育/学校/子ども (1539)
エンタメ (251)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!