FC2ブログ
新聞発行部数広告収入激減
日本新聞協会によると、2018年の新聞発行部数(10月時点まで)は3990万1576部と17年から約220万部も減少。14年連続の減少で4000万部を割り込んだ。1世帯当たりに換算すると0.7部しかとっていないことになる。
以上、Yahooニュース(現代ビジネス)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00065899-gendaibiz-soci&p=1


「スポンサーに要求できる価格の根拠は、いうまでもなく発行部数」


なのに


その発行部数が激減しているのですから


現状は


想定内


ではないでしょうか。


そして その発行部数についても


「部数水増」が横行しているようです。


まわりをみわたせば…


新聞によってニュースをみる人よりも


情報端末によってニュースをみる人のほうが


多くなっています。


新聞には情報がたくさん盛り込まれていますが


有料です。


しかし


情報端末からは


有料の紙媒体の新聞より


何倍も多くの情報を得ることができます。


しかも無料で


手に入れることができるのですから


新聞の発行部数が減るのは


当然


ということです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2019/07/20 23:01] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
警察官刺傷事件/吹田市(2)
前回の続きです。


飯森容疑者は


「私のやったことではない」


と容疑を否認しているようです。


しかし


どれだけ容疑者が


「病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせい」


と容疑を否認しても


彼の行動をみれば


いろいろなものが浮かび上がってきます。


たとえば


事件前になぜ交番の周囲をうろついていたのか?


また


なぜ山中に入り… 山道の木製ベンチに横たわっていたのか?


人の少ない山中に行く ということは


自分の犯した過ちを認識していたからではないのか?


逃走としか思えない行動である。


もっと言えば


「病気がひどくなったせい」なら


なぜ病院に行かないのか?


さらに


「私のやったことではない」というなら


なぜ奪われた拳銃がポリ袋のなかにあったのか?


もし拳銃を拾ったというなら なぜ警察に届けないのか?


以上から


容疑者は


自身の行為を「病気」や「周りの人」に


責任転嫁していると推測されます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/06/18 23:23] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
警察官刺傷事件/吹田市
大阪府吹田市の吹田署千里山交番の前で、警察官が包丁で刺されて拳銃を奪われた事件で、府警は17日、逃走していた住居不定、職業不詳・飯森裕次郎容疑者(33)を箕面市内で発見して身柄を確保し、強盗殺人未遂容疑で逮捕した。
以上、Yahooニュース(読売新聞オンライン)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190617-00050111-yom-soci


逮捕されてよかったと思います。


ですが


今回の事件によって


日本人のなかで受け継がれてきた


性善説が


すでに限界にきているという状況を露呈したともいえます。


警官においては


特に


それが顕著です。


警官に近づいてきた一般人(と思われる)が


まさか 警官に襲いかかり 拳銃を奪う


などということは 起り得ない


というとらえかたが


これまでの認識です。


しかし


今後は 


どのような身なり、風貌、老若男女問わず


まずは 相手の動きを瞬時に察知して 身構え 相手がどのような動きをしても


即座に対応できる態勢で対面する必要があるでしょう。


拳銃については


所持している警官本人しか使えないよう


ホルダーのロックにパスワードをかけるなど工夫する必要があります。

⇒万が一奪われても拳銃本体をホルダーから取り出せない工夫


さらに


拳銃内部にGPSマイクロチップを埋め込んで


所在確認ができるシステムを構築すべきです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/06/17 23:18] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
横転したタンクローリー爆発58人死亡
アフリカ西部のニジェールでタンクローリーが爆発し、これまでに少なくとも58人が死亡しました。
以上、Yahooニュース(テレビ朝日系ANN)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190507-00000019-ann-int


現地の方々にとって


ガソリンは


危険を超越して価値のあるもの


なのか


または


単に無知


なのかはわかりませんが


今回の事故によって多くの命が失われました。


一般的には


車両からガソリンが流出などすれば


できるだけはやくその場から離れようとするはずです。


言うまでもなく


非常に危険だからです。


それに


流出しているガソリンに引火すれば


あっという間に燃え広がりそこは


火の海


になります。


今回の事故で


「流出したガソリンを目当てに集まった人たち」は


ガソリンをどのような容器に入れようとしたのでしょうか?


たとえば


ポリタンクなどは 


ガソリンを入れると


容器の成分が一部溶け出して品質劣化をまねくおそれがあります。


しかし


現地の人たちにとってはそんなことはどうでもよく


ガソリンさえ手に入ればよかったのかもしれません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/05/11 23:15] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
公共のトイレで「こもり〇〇」
公共のトイレで、用を足しているような気配もなく静かな「開かずの扉」を前に、便意を我慢するはめになった、なんて経験はありませんか? 
実は、公共の個室トイレでスマートフォンをいじり、トイレに長居する「こもりスマホ」が増えているようなのです。
以上、Yahooニュース(LIMO)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00011021-toushin-life


スマートフォンに限らず… 


本来の目的以外のことをするために


公共のトイレに「こもっている」人は結構いると思います。


こうした行為は


公共の場におけるルール違反ですので


改善する必要があります。


一定の時間が経過したら


電灯が消えるとか…


しかしこれは 防犯上問題がありますね。


であれば


もっと根本的に 


ケータイ端末の通信電波をブロックする


というのはどうでしょうか?


ただ オフラインで作業とかされたらどうにもなりませんが。


電波のブロックについては


緊急時にブロックを解除するシステムにする必要がありますね。


ほかの対策としては


トイレの形状を外国のようにする。


つまり


ドアの隙間というか ドアとドアの仕切りに1センチほどの「隙間」を設け さらに「扉の下の部分を30センチくらいカットする」ということです。


アメリカなどはほぼこの形状のトイレですね。


これで 


外からも中からも「相互に」「トイレの状況がわかる」という環境をつくれます。


スマートフォン使用の抑止だけでなく 犯罪防止にもなります。


さらに


盗電を防ぐため


電源ソケットは壁と一体化させて


コンセントを抜くことができないようにすべきです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

[2019/05/07 00:58] 社会 | トラックバック(0) | コメント(1) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (677)
政治 (290)
社会 (355)
スポーツ (352)
教育/学校/子ども (1438)
エンタメ (227)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!