福井のサークルK店長強殺事件、Nシステムにより車で中国地方に逃走と判明
 福井県大野市のコンビニで27日未明に起きた強盗殺人事件で、福井県警は、店長の山本嘉裕さん(46)を殺害し約35万円を奪って逃げたとみられる男を特定、強盗殺人容疑で40代の男の逮捕状を取った。捜査関係者が明らかにした。立ち回り先などを調べ、所在が分かり次第、逮捕する方針。
 捜査関係者によると、男は27日午前2時50分ごろ、大野市牛ケ原のコンビニ「サークルK牛ケ原店」に刃物を持って押し入り、店長の山本さんの背中などを刺して殺害、店内にあった現金約35万円を奪った疑いが持たれている。
 店内の防犯カメラに男の顔が写っており、福井市内の別のコンビニの防犯カメラにも男が犯行に使ったとみられる白色の国産セダン車が写っていた。
 男は事件前、このコンビニに立ち寄って店内を物色し、男性店員の背後に立とうとするなど不審な行動をしていたことも判明。この店員は男の姿を覚えており、県警は顔画像と照合するなどして男を割り出した。
 またNシステム(自動車ナンバー読み取り装置)の記録から、男は犯行後、中国地方まで逃げていたことが分かったという。

以上、産経新聞引用(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100831-00000527-san-soci


国民の生活に不安を与えるような凶悪事件はなるべく早く解決しなければなりません。なぜなら、凶悪犯を放置してしまうと単に社会不安が広がるというだけでなく、その犯人が再び凶行におよぶ危険性があるからです。こうした点から報道するマスメディアは、事件の内容をニュースとして流すだけでなく、事件解決につながる情報を可能な限り公開する必要があると考えます。



福井大野市コンビニ強盗殺人事件の記事では、防犯カメラに写った容疑者の映像が公開されていますが、「報道の域」にとどまっているという印象です。



逮捕状を取ったというところまできているのですから、容疑者に関係のある具体的な情報とともに写真を拡大して公開する、などの工夫が必要なのではないでしょうか。

容疑者を早く取り押さえてほしいですね。




よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。



あなたのブログで報酬GET!ディスマス



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール) 






スポンサーサイト
[2010/08/31 18:05] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (505)
政治 (235)
社会 (307)
スポーツ (292)
教育/学校/子ども (1272)
エンタメ (178)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!