fc2ブログ
小さな子どもの命を守るのは大人の責任
大阪市西区南堀江のマンションに置き去りにされた桜子ちゃん(3)と楓ちゃん(1)が遺体となって発見された事件は、子どもの命というものを考えさせられる事件です。

この事件で命を落とした幼児2人は、まだ自分だけの力では生きていけない状態にあります。まわりの大人の力が必要なんです。

報道されている内容をみると、桜子ちゃんと楓ちゃんのまわりには3つの関わりがみえます。一つは、事件の容疑者の母親、もう一つはマンションの住人、そして3つ目はこども相談センターの職員です。

育児放棄をした母親の責任が一番重いのは当然ですが、その母親が異常ともいえる行動をとっているのですから、この場合、幼児2人の命を救えるのはマンションの住人かこども相談センターの職員ということになります。でも、あと一歩前に踏み出せなかったことで尊い命が失われました。

他人の家の問題に関わりたくないと思うのが普通なのかもしれません。しかし、これだけ児童虐待が多いと大人が意識を変える必要もあると思います。今回の事件の報道をみて、「小さな子どもの命を守るのは大人の責任」ということを口に出して言ったり考えるだけでなく、それをどうやって行動に移すかがポイントかな、と思いました。


よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。



あなたのブログで報酬GET!ディスマス



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール) 





スポンサーサイト



[2010/08/05 22:50] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!