fc2ブログ
都立高で女子生徒の虐待を通告せず/緊急性認めずに「様子見る」とした校長の判断は正しいのでしょうか?
児童虐待の防止等に関する法律」には、次のような条文があります。

 児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。(第六条 )



この条文で大切なところは、「児童虐待を受けたと思われる」「通告しなければならない」の二つです。つまり、虐待を確認できなくても虐待の疑いがある場合は、通告義務があるのです。ですから、文部科学省は虐待の確証がなくても虐待通告するよう各学校に通知しています。こうなると、報道されている東京都台東区都立高校の校長は、児童の虐待を防ぐための法律に背く判断をしたことになります。緊急性があるかどうかの判断は校長がすることではないような気がします。虐待の疑いの通告を受けた専門機関が女子生徒への対応をしていく中で緊急性の有無を判断するのが筋では。



この校長に一言言いたいですね。「手遅れにならなくてよかったですね」と。女子生徒の担任が通告しなかったら、深刻な問題に発展した可能性もあると思います。



それにしても、適切な判断をした女子生徒の担任に対する産経新聞さんの見方はどうなんでしょうか(まだ他の記事は見ていませんのでなんともいえませんが)。

「担任が独断で児童相談所へ通告した」の「独断で」が、記事を読む人に少しネガティブな印象を与える気がします。


よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。



あなたのブログで報酬GET!ディスマス



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール) 






スポンサーサイト



[2010/08/08 14:07] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2605)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!