fc2ブログ
子どもの水難事故対策/小学校の水泳指導への提案
水難事故を減らすためには、小学校低学年から着衣水泳の指導を取り入れ、この技術をマスターすることを第一の目標するのがよいと考えます。



着衣水泳指導を安全教育の一環として(イベント的に)行うのではなく、通常の水泳指導の主要目的としてカリキュラムに組み込むのです。

そして、学んだ技術をマスターしているという状態をキープできるような授業計画が不可欠です(各学年で毎年チェックするとか)。



バタ足で何メートル進んだとか、クロールで25メートル泳げたということより、とりあえずプールでは服を着ていても自分の体が浮いた状態を保って呼吸ができるようになる、という技術を身に付ける方が大切だと思います。もちろん、プールでできたからといって、いざというときに海や河川でできるとは限りませんが、プールでできたという経験が自分の命の危機を乗り越える力になる可能性は高いと考えます。これこそ、現在の学校教育が進めようとしている体験活動を取り入れた授業の実践になるのではないでしょうか。



でも、問題なのは子どもを指導する教員かもしれません。なぜなら、着衣水泳ができないとか、着衣でプールに入りたくないとか、...聞くところでは水泳の授業に消極的な教員もけっこういるとか(水着に着替えない、着替えてもプールに入らないなど)。そういう先生方には意識を変えてもらうしかないですね。


よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。



あなたのブログで報酬GET!ディスマス



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール) 








スポンサーサイト



[2010/08/16 14:24] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!