fc2ブログ
急増する高齢者の万引きに対して、抑止に向けた社会参加支援/警視庁
急増する65歳以上の高齢者の万引きを防止しようと警視庁は9月から、万引きの検挙者に社会活動への参加を促し、立ち直りを支援する。警視庁が昨年行った約200人を対象にした調査で、検挙された高齢者の3分の1が「孤独」や「生きがいのなさ」を抱えていたことが判明しており、地域社会とつながりを持ってもらうことで、万引き抑止を図る狙いがある。こうした支援がどのような効果があるか200人を対象にした追跡調査を行う。【町田徳丈】
警視庁によると、新宿、渋谷、立川など20署管内で検挙された50歳以上を対象に、警察署の行う防犯活動や、警視庁が協力を要請した市区の地域活動への参加を呼びかける。
検挙者には、困り事の相談先を持っているか▽ボランティア活動への意欲--など15項目程度の聞き取りを行う。このうち生活支援を受けると回答した100人に警察官が3カ月ごとに電話をかけて生活状況や心理状態を聞く。
1年後に再び同じ項目で100人に調査を実施する。支援を受けなかった100人にも同じ調査を行って、万引きへの意識に差があるかを比較し、今後の支援策に生かす考えだ。
09年に東京都内の万引きで検挙された高齢者は3110人で、検挙者に占める割合は21.0%。20年間で約10倍になった。以前は少年の割合が半数にのぼり、「万引きといえば少年犯罪」というイメージが強かったが、高齢者の割合は03年に10%を超え、その後急増し、高齢者対策が迫られている。
警視庁は「規範意識の低下が影響しているのではないか。追跡調査を踏まえ、どのような支援が有効か探りたい」とし、社会参加活動を通した高齢者の変化に期待している。
以上毎日新聞引用(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100820-00000045-mai-soci


警視庁は本当に「規範意識の低下が影響しているのではないか」と言っているのでしょうか?本当だとしたらちょっとがっかりしてしまいますね。このような見解は、警視庁があえて言わなくても多くの日本人が感じていることだと思いますが。万引きだけでなく公共の場で暴れる、キレる高齢者なんていうのもニュースなどで取り上げられていますよね。警視庁さんしっかりしてください。



ところで、記事のなかに検挙された高齢者の3分の1が「孤独」や「生きがいのなさ」を抱えていたことが判明...とありますが、この部分に注目すると単に生活上の寂しさやストレスの問題だけでなく、精神的な部分からくる身体の機能的な不具合や病気にも調査の対象を広げる必要があると考えます。



特に、万引を繰り返したり、反省している姿勢がみられない場合は「ピック病」の疑いがあると思います。調査する場合は、ピック病の疑いがあるかどうかを判別するチェックリストをつくるなどの対応も必要ではないでしょうか。


よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。



あなたのブログで報酬GET!ディスマス



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール) 






スポンサーサイト



[2010/08/20 20:40] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!