fc2ブログ
ノーベル化学賞 好対照の「同窓生」/世界が認めたクロスカップリングの応用技術
有機合成の研究で、日本人として2年ぶりのノーベル化学賞受賞が決まった北海道大名誉教授の鈴木章さん(80)と、米パデュー大特別教授の根岸英一さん(75)は、かつてパデュー大で同じ指導教官に学んだ。その後日米に分かれ、世界的業績を挙げた2人を、周囲は「好対照の同窓生」と評する。
自身も2001(平成13)年に化学賞を受賞した野依良治・理化学研究所理事長は、両氏をよく知る一人。2人の性格は「相当違う」と言う。
鈴木さんは「純日本人でその道ひと筋の人」。留学の2年間を除いてほとんどの研究人生を北大で過ごした。本人による受賞の感想は「非常にラッキー。ほかの研究者がいい仕事をしているのに申し訳ない」と控えめ。親交のある柴崎正勝・東京大名誉教授は「能力を表に出さず、心に秘めている」と語る。
一方の根岸さんについて、野依さんは「行動も発言もきびきび」。「研究を極めたい」と渡った米国での生活は半世紀近くになる。
以上、産経新聞引用(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101007-00000138-san-soci


根岸氏の研究生活からみると海外生活が半世紀近くになるので、「若者よ海外に出てみなさい」と言われるのは当然だと思います。

しかし、欧米の研究機関や環境が進んでいるから留学しなければならない、のでしょうか?日本の研究環境は充実していないのでしょうか?

若手の研究者は自分の研究目的があいまいなままで、ただやみくもに学術研究=海外留学という行動をとるのは危険だと思います。

今回のノーベル賞受賞をきっかけとして、学術研究における欧米崇拝という考え方を変えていく必要があるのではないでしょうか。

そのヒントは、鈴木氏の研究活動にあります。鈴木氏は2年間の留学以外ほとんどの研究生活を北大ですごし、その成果によってノーベル賞を受賞されました(もちろん、北大が数年にわたって海外でシンポジウムを開き、海外での知名度を高めるという活動を行ってきた点も見逃せませんが)。

つまり、日本が化学研究の分野で世界をリードして、本当の意味での「お家芸」と呼べるようになるためには、世界各地から志の高い若者が日本の大学や大学院、研究機関などを目指して集まってくるような環境をつくっていく、という考え方が必要です。日本が世界の化学研究のメッカになる、そんな日が来るのも夢ではないと思います。

こうなると、政府や関係機関の方々は何をすべきかわかっていますよね。まさかノーベル化学賞受賞に浮かれて「鈴木氏、根岸氏への賞賛だけ」で終わりなんてことはないですよね。


よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。


あなたのブログで報酬GET!ディスマス


有益情報が掲載されたE-BOOKを無料で購読できます



ヤフージャパンが提供する無料ツールを使うだけで、お金が稼げます。

1クリック5円×1ヶ月=月収20万円

【繰り返し使える700円入金手順】お小遣い稼ぎに最適です。

無料で1,260円が何度でも稼げる方法

超高額メール!送受信1件につき90円の高報酬を得る方法


もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)






スポンサーサイト



[2010/10/07 18:18] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!