fc2ブログ
逮捕され停職処分の教諭、同じ学校に復職
傷害事件で逮捕され停職処分を受けた横浜市立中学校の40歳代の男性教諭が今月、事件前と同じ学校に復職していたことがわかった。
 市教委は、学校間の人事異動は原則4月1日で、停職処分明けに他校に異動させることは「前例がない」としているが、同校の生徒や保護者らからは疑問視する声も出ている。
 「病気で休職中だった先生が復職します」
 同校は今月4日、保護者あてに男性教諭が復職したことを知らせる文書を配った。事件については触れていなかった。
 教諭は、1年生のクラスの副担任だったが、昨年7月から病気のため休職していた。同9月28日、同市旭区の国道16号を乗用車で走行中、別の乗用車の男性会社員とトラブルになり、頭突きをして軽傷を負わせたとして、旭署に傷害容疑で現行犯逮捕された。
 起訴猶予処分となったが、市教委は同11月、停職2か月の懲戒処分とした。
 教諭は停職期間を終えた後も休職を続け、今月3日付で2年生のクラスの副担任として復職した。事件は報道されており、保護者からは同校に復職を心配する問い合わせが寄せられた。だが、男性校長は「(教諭は)社会的責任を果たし、時間もたっている。事件に触れなかったのは、生徒の動揺も考慮した」としている。
 同校の生徒によると、教諭は「授業が面白い」「普段は優しい」といった評判もあるが、復帰をいやがっている生徒もいるという。
 ある保護者は「別の学校に復職させるべきで、動揺している」としている。
以上、読売新聞引用(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101016-00000315-yom-soci


校長は、教諭が社会的責任を果たしたとか時間もたっていると言っているようですが、この言い分は学校の側からの見解でしかないと思います。



教諭がなにをもって社会的責任を果たしたのか、をもう少し具体的に説明してほしいですね。また、「時間もたっている」という部分もわかりませんね。まさか、一部の管理職が「もうそろそろいいだろう」と言い出したから...なんてことはないですよね。



どちらにしても、今回の件は学校側の「説明責任」が果たされていないと思います。停職教諭の復職を決定する前に、そのことに関する情報を保護者と生徒に開示して、その是非を問う必要があります。



「重要なところを伏せておいて、(なにごともなかったように)現場に戻る」というのは、教員のモラルとしてどうなのでしょうか。とても「生きる力をはぐくむ教育」などできるとは思えないのですが。


よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。


あなたのブログで報酬GET!ディスマス


有益情報が掲載されたE-BOOKを無料で購読できます



ヤフージャパンが提供する無料ツールを使うだけで、お金が稼げます。

1クリック5円×1ヶ月=月収20万円

【繰り返し使える700円入金手順】お小遣い稼ぎに最適です。

無料で1,260円が何度でも稼げる方法

超高額メール!送受信1件につき90円の高報酬を得る方法


もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)









スポンサーサイト



[2010/10/16 22:47] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!