fc2ブログ
反中感情について中国紙が報じています/名古屋など2総領事館の移転などに対する地元民の動き
2011年1月12日、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で対中感情が悪化したことにより、新潟と名古屋で中国総領事館の移転計画が地元住民らの激しい反対に遭い、頓挫している。環球時報が複数の日本主要メディアの報道として伝えた。
以上、yahooニュース(Record China)引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110112-00000015-rcdc-cn


対中感情が尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で悪化した、という見方はどうなのでしょうか。



とらえかたが少しずれているような気がするのですが。



対中感情はだいぶ前から悪くなっているのに、それをマスメディアが明らかにしてこなかった、ということではないでしょうか。



尖閣諸島沖での衝突事件は、反中よりも反政府という動きのほうが噴出していると思います。



断続的に発生している市民デモを日本のマスメディアが報じれば、また違ったとらえかたができるかもしれません。



それにしても、清華大学の劉江永教授の日本に対する批判は自国寄りという印象をぬぐえませんね。



一連の中国側の横暴ともいうべき行動を目の当りにしたら、記事に出ている「地元民の動き」は、当然想定されるのではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       



スポンサーサイト



[2011/01/13 08:27] 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2641)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!