fc2ブログ
女子生徒の復学問題/浜松の私立高校
浜松市内の私立高校が、3年の女子生徒(18)に対する退学処分の取り消しを命じた静岡地裁浜松支部の仮処分決定を無視し、復学を拒んでいることが分かった。生徒は男性講師と性的関係を持ったとして昨年12月に退学になったが、復学を申し立てていた。生徒は入試を受けられないなど、進路にも影響が出ている。同校は「退学に値する行為で現時点では決定に従えない」としているが、専門家は「学校が法の決定に従わないのはおかしい」と問題視している。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110204-00000009-mai-soci


まずはじめに一言言いたいのは、この記事の内容が退学処分となった女子生徒を擁護する論調になっているということです。



いくつかあるうちの一つを取り上げると、高校側が「仮処分決定を無視し」という部分は、「高校側=悪者」という印象を与える表現です。



高校側は「無視」などしていません。



記事に「同校側は1月25日に異議を申し立てた」とあるように、学校側としての立場を明確にしているだけです。



無視していたら異議など申し立てないと思いますが。



記事の内容からみると、問題がありそうなのは女子生徒のほうかもしれません。



なぜなら、10月下旬から自宅待機処分とされたにもかかわらず、11月に自宅待機の処分取り消しの仮処分を申し立てているからです。



このような行動に出れば、高校側から「反省がなく…」と受け取られるのも当然ではないでしょうか。



しかも、高校側は、この女子生徒を一方的に突き離したわけではなく「自宅学習による卒業認定などの和解案を提示した」のですから、高校側の対応は適切だと思います。



こうした提案を女子生徒側は「同級生と一緒に最後まで高校生活を送りたい」という理由で拒否したようですが、これはあまりにも自己中心的な要求ですね。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       




スポンサーサイト



[2011/02/04 19:55] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!