fc2ブログ
男性教諭が給食を布に載せ食べさせるという指導/島根県
島根県出雲市立塩冶(えんや)小の男性教諭(58)が、給食を時間内に食べられなかった1年生児童たちに対し、おかずなどを食器から布製ランチョンマットに載せ替えさせて食べさせていたことがわかった。
以上、Yahooニュース(読売新聞)引用  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110211-00000018-yom-soci


はじめに一言言いたいのは、この男性教諭がすぐに謝罪している時点で教育者として失格だということです。



本人が「指導のつもりだった」と言っている以上、その「指導」の部分をもう少し具体的に説明する必要があると思います。



何か考えがあって、または教師としての使命感があってやっていたなら、そこのところを指導する立場の人間として主張すればいいのではないでしょうか。



そのうえで、説明を聞いた人たちが到底納得できないような「指導」で、社会的にも受け入れられないものであれば、その時点で謝罪すればよいのです。



自分の言い分を説明もせず、「やり過ぎだった」とか「完食させたかった」「後悔している」とは、どういうことですか?...記事を読んだ側に残されたのは、男性教諭の「給食指導」も「その後の対応」も「イミフ」ということだけです。



男性教諭は、「子どもの気持ちを考えない安易な指導」とか言って謝っているようですが、「子どもの気持ちを考えすぎる指導」も問題があると思います。



ときには、子どもの気持ちを考えない指導が必要なこともあると思うのですが。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       



スポンサーサイト



[2011/02/11 20:38] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!