fc2ブログ
わいせつ教諭が相次ぐ/学校問題
全国の公立小、中、高校と特別支援学校で、児童買春や盗撮などのわいせつ行為により教員が懲戒処分を受けるケースが相次いでいる。
以上、Yahooニュース(読売新聞)引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110219-00000908-yom-soci


この問題については、いろいろな見方や意見があると思います。



例えば、教師の仕事は非常に忙しくストレスがたまるので、それが原因で不祥事を起こすという見方です。



これは教師の立場を擁護する意見といったところでしょうか。



一方で、子どもを学校におくる親の側からは、不祥事を起こす教師が増えているから教師を信用してはいけない、だからうちでは「先生の言うことを聞きなさい」とは言わない、といった意見です。



どちらの意見も偏った見方だと思います。



このような偏った意見ばかりになると、問題の解決は難しくなるのではないでしょうか。



ひとつはっきりしているのは、児童買春や盗撮といったわいせつ行為の責任は、それを行った教師だけでなく、上司の監督責任や学校を管轄している教育委員会などにも及んでくるということです。



特に、義務教育関係の先生方は、子どもに知識を与えたり生活態度を指導するなかで、影響力が強い存在だということをわすれないでほしいですね。



全体の奉仕者や公共の利益といったことをもう少し意識する必要があるのではないでしょうか。



使命感をもって教壇に立っている教師のためにも。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       



スポンサーサイト



[2011/02/21 00:15] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!