fc2ブログ
約1万人が安否不明/宮城県南三陸町
たどり着いた港町は更地と化していた――。驚異的な高さの津波に襲われた宮城県南三陸町。
人口約1万7300人のうち、避難した約7500人をのぞく約1万人が「安否不明」になっていると12日、県が説明した。東日本巨大地震はいったいどれだけの人々をのみこんだのか。
以上、Yahooニュース(読売新聞)引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110312-00000683-yom-soci


大地震などの大規模な自然災害が発生すると、電話を利用して安否確認などをしようとする人が通信回線に殺到します。



今回の地震でも通話やメールがほとんど使えない状態となりました。



そして、現在でもこれが断続的に発生しています。



連絡をとって確認したいという気持ちを持つのは当然だと思います。



でも、「つながりにくい」ではなく「通信そのものができなくなってしまう」ということになったらたいへんですよね。



このような事態になるのを避けるために一般の回線の接続が制限されるみたいです。



この制限によって、通信回線に利用者が集中して(災害型輻輳)通信網が使えなくなってしまうことを防いでいるようです。



ただ、公衆電話は災害時発生時に優先電話となっていて制限が適用されないんですね。



ということは、ケータイや自宅の固定電話が使えないときのために、公衆電話が設置されている場所をある程度把握しておく必要があるのかもしれませんね。



もちろん、テレフォンカードと小銭も。



でも、ケータイの普及で公衆電話の設置数が減ってきているので、...あっ、それと災害用伝言ダイヤルも忘れてはいけませんね。



こうして、ブログを書けていることに幸せを感じながらも、被災された方々に一日も早く普通の生活が戻ってくることを祈るばかりです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       



スポンサーサイト



[2011/03/13 11:01] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!