fc2ブログ
菅直人首相と池田元久経済産業副大臣の原子力に関する発言
菅直人首相が東日本大震災発生翌日の12日に、東京電力福島第1原子力発電所の視察にあたり「原子力について少し勉強したい」と発言していたことが分かった。
以上、Yahooニュース(産経新聞)引用  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000088-san-pol


菅首相は「私は原子力に詳しい」と専門家を自称していましたが、これは嘘だったということでしょうか。



これについては、菅首相が「どういう表現をしたか記憶はない」とか「状況を把握したいという意味で発言した」とか言っているようですが、釈明というよりも言い逃れにしか聞こえないですね。



一方で、池田元久経済産業副大臣も意味の分からない発言をしています。



第1原発の見通しについて、「予見しうる最悪の事態を考えて(対処して)いるが、それ以上は神のみぞ知る」とはどういうことですか?



予見しうる最悪の事態を考えて対処しているとは到底思えない後手後手の対応が現状だと思うのですが...。



「神のみぞ知る」というのは、結局のところ想像もつかないような悪い状況になるのを知っているということを暴露しているような気もします。



原発事故に対するアメリカやフランスからの支援を即座に受け入れていれば、醜態ともいえる現状とは違う状況になっていたのではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       




スポンサーサイト



[2011/03/29 17:08] 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!