fc2ブログ
岡山龍谷高校が孤児10人の受け入れを表明
浄土真宗本願寺派の宗門校、岡山龍谷高(岡山県笠岡市)はこのほど、東日本大震災で親を亡くした高校生の受け入れを決めた。
以上、Yahooニュース(京都新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000004-kyt-l26


岡山龍谷高等学校は、浄土真宗の教えに基づいて「自然に目覚め 自然に進め」を教育理念にしているようです。


孤児10人の受け入れといっても簡単なことではないですよね。


受け入れた後、どのような方法で孤児のケアをしていくのか……と心配してしまいました。


でも、記事をよく読んでみたら、この高校は、前身が児童養護施設(甘露育児院)だったということで、学校としての過去の経験が今回の受け入れ表明につながったようです。


ただ、実際に受け入れてもらうということになると、孤児の側の問題として、里親や住むところ、生活費など学校に通学する以前に解決しなければならないことがいろいろありますね。


一方、学校の中に入ると、慣れない環境への適応のことや人間関係のつくりかたなど、学校特有の問題が出てきます。


そう考えると、「ふつうに勉強ができて友だちと遊べる」ことがどれだけしあわせなのか、その「重み」を感じてしまうのですが。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       




スポンサーサイト



[2011/04/16 16:47] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2641)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!