fc2ブログ
母乳の放射性物質検査/乳児・母体への影響
厚生労働省は30日、福島第一原発の事故を受け、初めて実施した母乳に含まれる放射性物質の検査結果を発表した。
以上、Yahooニュース(読売新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110430-00000630-yom-sci


報道によると、授乳中の母親23人中7人から微量の放射性物質が検出されたようです。


この結果について、厚労省は「乳児、母体とも健康には影響がない」とコメントしていますが、本当に大丈夫なのでしょうか?


記事をみると、終わりのほうで「いずれも安全性の目安を大きく下回った」としていますので、読んだ側に安心感を与えるような書き方になっています。


でも、記事に出ている数値をみると、安心感どころか「不安」と「怖さ」に包まれてしまいます。


その理由は、放射性ヨウ素の「安全性の目安」としている数値が100ベクレル(飲料水や牛乳の乳児用規制値)となっているからです。


この「100」という数値からみれば、今回の検査で7人から検出された放射性ヨウ素「2・2~8・0ベクレル」は確かに低く「大きく下回った」と言えるかもしれません。


多くの人たちが知っておかなければならないのは、水道水のWHO基準が「1ベクレル」だということです。


国によっては、1ベクレルよりも低く設定しているところもあります。


つまり、WHO基準からみると、「検査の結果7人とも基準を上回った」となるのではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       



スポンサーサイト



[2011/05/02 00:18] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2558)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!