fc2ブログ
子どもと妊婦を対象に30万人分の線量計配布/福島
福島県の佐藤雄平知事は24日、県内市町村で、放射線量を計る個人用線量計を15歳未満の子どもと妊婦に配布する動きが広がっていることを受けて、購入費と分析費を全額補助すると発表した。
以上、Yahooニュース(時事通信)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000119-jij-soci


佐藤知事は「放射線から子どもを全力で守る手段を講じていく」とコメントしていますが、どうなんでしょうか?


「ガラスバッジ」の配布によって放射線量を計測し結果を分析する……。


この作業で、ある程度の被爆状況を知ることはできると思いますが、知事の言う「守る」ことにはならないですよね。


被爆状況を調べたあとのことをどう考えているのでしょうか?


数値が高い子どもや妊婦が数多くいた場合の対処やプランをどのように考えているのかを知りたいですね。


これがはっきりしていないと「被爆状況がある程度わかった」だけで「放射線から守る」ところへ進んでいかないのではないでしょうか。


放射線汚染が強く疑われるのであれば、計測対象が子どもと妊婦というのはおかしいと思います。


少しでも早い時期に「大人が計測対象となり、子どもと妊婦を避難させる」のが、適切のような気がするのですが。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       







スポンサーサイト



[2011/06/24 17:58] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2611)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!