fc2ブログ
文科相「開発中止検討」に対する敦賀市長の発言
高木義明文科相が高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)の開発中止を含め検討すると発言し、その後文科省が釈明したことについて、敦賀市の河瀬一治市長は15日、記者団に対し、「当初、『またか』という印象を受けた」と語り、文科省の釈明で「もんじゅの開発を中止する発言ではないと理解している」と話した。
以上、Yahooニュース(産経新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110716-00000024-san-l18


子どもの健康や安全に配慮し、望ましい教育環境をつくっていくことが文部科学省の使命ではないのですか?


敦賀市長の「もんじゅは必要」という反論に対して、「もんじゅの開発を中止する発言ではないと理解している」と釈明するのはいかがなものでしょうか。


文科省の立場をはっきりさせるためにも、きっぱりと「開発を中止」を掲げてほしいものです。


なんといっても子どもたちの未来がかかっているのですから………。


ところで、敦賀市長の発言も理解できないですね。


もんじゅのいわゆる「引きあげ作業」が成功するまで信じられないほどの失敗を繰り返しておいて、「もんじゅは必要」とはどういうことでしょうか。


必要と言うなら、今後どのような安全対策を考えて、どのように実施していくのかをまず、示してほしいですね。


身の回りだけでなく、全国民に対して。


現状は、もんじゅが「たまたま、奇跡的に」極めて危険な状態から脱しつつある、といったところではないでしょうか。


今のうちに開発を中止して廃炉に転換しないと、取り返しのつかないことになると思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       




スポンサーサイト



[2011/07/16 18:11] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!