fc2ブログ
クジラ漁解禁で環境保護団体「セーブ・ジャパン・ドルフィンズ」が登場
和歌山県太地町で1日、小型鯨類の追い込み網漁が解禁され、町漁協の太地いさな組合(松本修一組合長)が出漁した。クジラを追い込む畠尻湾には外国人らの団体が姿を見せたが、県警や海上保安部の警戒もあり、大きな混乱にはならなかった。
以上、Yahooニュース(紀伊民報)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120901-00000000-agara-l30


環境保護団体の「セーブ・ジャパン・ドルフィンズ」ですか…


遠いところからわざわざ来ていただく必要はないですね。


日本の立場から言えば、単に迷惑なだけですから。


国際捕鯨委員会(IWC)の規制対象外のことを行っているだけなのに、環境保護団体が出てくるとは…


どうぞ、お引き取り下さい。


それとも、日本側になにか疑いの目を向けているのでしょうか?


そうだとしても、捕鯨は歴史的に日本の食文化とも関わりが深いことですので…


変な動きをして仕事の邪魔をしないでほしいと思います。


ところで、過剰保護でクジラが増えすぎたらどうするんでしょうか(クジラが増え魚が減るという現象が起こる)。


減少していく魚を人間同士が奪い合う…?


そんなことにならなければいいのですが。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2012/09/02 00:18] 社会 | トラックバック(0) | コメント(2) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!