fc2ブログ
「脱・中国」を真剣に検討する時期?
中国での反日デモは、満州事変の発端となった柳条湖事件から81年となる9月18日に最高潮に達し、その後は一気に収束した。
以上、Yahooニュース(産経新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000509-san-bus_all


本当に「収束した」かどうかはわからないと思います。


表向きは「収束したようにみえる」ではないでしょうか?


まだこれからいろいろと出てくるでしょう。


ところで、記事には「反日デモが暴徒化し、…日本中が震撼した」と書かれていますが…


ちょっと違いますね。


確かに「震撼した」方々もたくさん?いたことでしょう。


でも、「日本中が…」ではないと思います。


反日デモ暴徒化に対しては、いろいろな反応があったはずです。


「憤慨した」「嘲笑した」「関わりたくないと思った」「中国には行きたくないと思った」「関心を示さなかった」…など


今回の騒動で、心理的な部分では、(私たちの)脱中国がかなり進んだと考えられます。


あとは「実質的な面」での脱中国なんですが…


簡単なことではないと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2012/09/25 00:38] 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!