fc2ブログ
歴史的事実委員会の広告
韓国の広報専門家ソ・ギョンドク教授と歌手キム・ジャンフンがニューヨークタイムズなど有力紙とタイムズスクエアの広告看板に出した「あなたは覚えていますか(Do You Remember?)」広告に、日本の狂信的極右派が反論する形式の「はい、私たちは事実を記憶している(Yes, We remember the facts)」という広告が、4日の米ニュージャージー州の地域紙スターレジャー(Star Ledger)に掲載されたと、韓国通信社ニューシスが9日報じた。
以上、Yahooニュース(中央日報日本語版)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121109-00000030-cnippou-kr


はじめに言っておきたいのですが、歴史的事実委員会のメンバーは極右言論人などではありません。


事実に基づいて歴史を正しく伝えようと努力している方々ですよ。


今回の報道についても、事実を知ってもらうために米紙に広告を打った、ということでしょう。


広告に対して、市民参加センターの代表がコメントを出しています。


「米国の新聞に慰安婦の歴史を否定する広告を載せた者の厚かましさが卑劣だ」
→あのー、歴史の事実を歪曲して、勝手にでっち上げた嘘を自国の子どもたちに注入しているあなた方のほうがよほど厚かましく卑劣だと思いますが。


「日本がまだ世界普遍的な“人権のイシュー”を無視し、歴史歪曲を続けているのが深く懸念される」
→違いますよ。あなたがたに歴史歪曲を続けられると困るので、真実を伝えようとしているだけです。なかったことをつくりあげるのはやめていただきたいですね。


ところで…


日本政府は、なぜこのようなことに消極的なのでしょうか?


野田首相、コメントをお願いします。


えっ?…10日の昼に博多の商店街のラーメン屋で食べたラーメンがおいしかった?
…そんなこと聞いていません。歴史的事実委員会の広告についてうかがっているのですが。


…その件について政府は遺憾の意を表明します。


…なぜですか?…まさか、いまは韓国政府を刺激しない方がいいと考えている…なんてことはないですよね?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2012/11/12 00:29] 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!