FC2ブログ
教員の駆け込み退職(2)
前回の続きです。


…ところで、置き去りにされた「児童・生徒」はどうなるのでしょうか?


慕っていた担任や特定の科目の教師が、自分たちを置いて退職してしまった。


それも、受け入れがたい理由で…


児童・生徒にとっては…


「卒業」が絡んでいたら、一生に一度のことなのに…


それが教員個人の数十万円という受益(自己の利益)に置き換えられた。


それでいいのでしょうか?


退職した教員を即(年度末まで)臨時任用するところもあるようですが、なんだかしっくりこないですね。


このような教員が、最後の保護者(懇談)会や卒業式に参加すれば…


保護者のあいだから…子どもたちのあいだでも…


「あの先生は……なんだって」


などという言葉が交わされそうです。


たとえ「年度の途中から減額」でも、問題が起こる前にできることはいくらでもあったのに、それをやらなかったのです。


どこもかしこも…


つまり、今回の騒動は、各地において地方教育行政の無責任さが露呈された、ということでしょう。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2013/01/26 05:11] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (772)
政治 (310)
社会 (390)
スポーツ (387)
教育/学校/子ども (1552)
エンタメ (259)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!