fc2ブログ
民間校長として新潟市立校長に就任
公募で選ばれ、4月から新潟市内の小学校か中学校で校長を務める東京都世田谷区の会社員、中村芳郎さん(49)が7日、篠田昭市長にあいさつに訪れた。上越市出身の中村さんは「古里と子どもたちのために貢献したい」と話した。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130208-00000137-mailo-l15


民間出身の校長ですか…


確かに、閉鎖的といわれる学校現場を開かれたものにしたり、企業社会で培われた経験が教育の活性化につながる「期待」はもてるでしょう。


でも、企業社会でいうところの“すばらしい実績”がどれだけあったとしても、教職の世界の方々からみれば…


社交辞令的な賞賛とか容認という反応にとどまる可能性が高いと思います。


それと…


民間出身の校長は、それを受け入れる学校にとっては“異質” な存在ですから、教員との人間関係を築いていくのにも様々な困難が伴うでしょう。


民間出身の校長に対して、「…なんなの?このやり方は?……そうか…教員の経験がないから…わかってないんだ」なんていう声が聞こえてきそうです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2013/02/12 05:02] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!