中学教諭の酒気帯び運転/東京高裁が免職取り消しの判断
飲酒翌日の酒気帯び運転を理由に懲戒免職処分を受けた長野市の元中学校教諭、坪井香陽(かよ)さん(43)が県を相手に処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が29日、東京高裁(鈴木健太裁判長)であり、原告勝訴とした1審・長野地裁判決を支持し、県側の控訴を棄却した。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000138-mailo-l20


控訴棄却ですか…


ここまでくると、処分を下した県教委側も後に引けない状況かもしれません。


ただ…


数時間寝ればアルコールが抜けるだろうという教諭の認識は、確かに軽率ですね。


体質によっても違いがありますが、飲酒の量が相当少量でないかぎり、体内に取り込んだアルコールはそう簡単には抜けません。


ですので…


職種によっては、社内規定などで「乗務前12時間以内の飲酒を禁止」なんていうところもありますから。


でも…


今回の件については、認識不足ではあったとしても、故意ではないということでもあるし…


免職というのは、やはり処分が重いですね。


東京高裁の判断を支持します。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト
[2013/05/31 05:19] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (531)
政治 (239)
社会 (316)
スポーツ (295)
教育/学校/子ども (1289)
エンタメ (182)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!