fc2ブログ
スーパー高校生が陸上100メートルで輝く
世界に近づける日はくるのか。陸上の織田記念国際最終日(29日、エディオンスタジアム広島)、男子100メートルで17歳の桐生祥秀(京都・洛南高)がジュニア世界最高に並ぶ10秒01の高校新記録をマークした。
以上、Yahooニュース(夕刊フジ)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130430-00000012-ykf-spo


スーパー高校生の誕生です。


京都・洛南高の桐生祥秀選手。


男子100メートルで10秒01のタイムを出しジュニア世界最高記録に並びました。


自己ベストが10秒19でしたので、大幅な更新…といっていいでしょう。


桐生選手の可能性は、決勝のレースでさらに高まりました。


というのは、決勝でも10秒03(追い風参考記録)を出して優勝したからです。


予選で10秒01を記録し、決勝で失速していたら「まぐれ」などと言われたかもしれませんが…


予選のタイムに近いタイムで走れたということは…


これまでより高いレベルで走れるようになった可能性が高い、とも言えるでしょう。


新学年がはじまったばかりなのに、いきなりの好記録…


今後のレースが楽しみです。


早熟型は大成しない…などという「雑音」は無視して、これからも記録を更新してください。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2013/05/01 05:28] スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!