fc2ブログ
中学校の柔道部で1年生が死亡/大津地裁の判決
2009年7月、柔道の部活動中に倒れて死亡した滋賀県愛荘町立秦(はた)荘(しょう)中学1年の村川康嗣君(当時12歳)の母親の弘美さん(45)が町と当時顧問だった男性講師(30)に約7600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁は14日、顧問の過失を認定、町に約3700万円の支払いを命じた。
以上、Yahooニュース(読売新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130514-00001182-yom-soci


記事では…


康嗣君が15本目の乱取りが終わったあとの水分補給で、「水筒がある場所と全く違う方向に行こうとした」


…ことについて、(この時点で)「意識障害が生じている可能性を認識できた」と書いていますが…


はたして、そうでしょうか?


違うと思います。


顧問の思考の範囲では、意識障害が認識できたとは、到底考えられない…


ではないでしょうか?


おそらく…


違う方向に向かう康嗣君に対して顧問がかけた言葉は…


「なにやってんだ、方向が違うぞ…しっかりしろ」「おまえ、どこにいくつもりだ、まだはじまったばかりだぞ…」などでは?


なぜ、このようなことを書くかというと…


問題の顧問が部員に対して日常的に暴力を振るっていたからです。


つまり、部員の微妙な体調の変化への配慮などしない方…と推測されるからです。


もし…


「1年生の新入部員の康嗣君」のことを1人前の部員に育てる気があるなら…


致命傷(顧問の返し技を受けて倒れた)となった26本目の乱取りはやらないはずです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2013/05/16 20:47] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!