fc2ブログ
クルム伊達選手と観客のため息
女子テニス 東レ・パンパシフィックオープン第3日(24日、東京・有明テニスの森公園) シングルス2回戦で、世界ランク60位のクルム伊達公子(42)=エステティックTBC=は、同17位で11年全米オープン女王のサマンサ・ストーサー(29)=豪州=に3―6、6―7で敗れ、3年ぶりの16強入りを逃した。
以上、Yahooニュース(スポーツ報知)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000193-sph-spo&pos=1


観客のタイプの違い…


ということなのかもしれませんが、


それぞれの見方、感じ方、表し方がありますので、簡単な話ではないかもしれません。


「それぞれ」というのは…


“選手”と“観客”のことです。


選手の立場からみれば…


やる気を削ぐような音や雰囲気はできるだけ避けてプレーしたいでしょう。


観客の立場としては…


選手のプレーを生でみれるし…


試合をしている選手が好きな選手、応援している選手なら、なんらかの反応が出てくるのは自然なことです。


“溜息”については…


今回も、これまでも、伊達選手にはネガティブな面しか伝わってこなかった…ということでしょう。


でも、観戦している人たちの思いは…


惜しい…


もうちょっと…


まだ大丈夫…


あきらめるな…


がんばれ…


などがほとんどだったのではないでしょうか?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2013/09/27 20:35] スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2559)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!