fc2ブログ
音楽の講師が英語担当
静岡市教委は27日、市立南中学校(同市駿河区)で、音楽を担当する20代の女性臨時講師が英語の教員免許がないのに、校長の指示で今年4月~今月、英語の授業を担当していたと発表した。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131227-00000023-mai-soci


これは校長に責任を追及すべき問題ですね。


いくら他の英語教員の負担を減らすためだったとはいえ、該当科目の免許を持たないのに、その教科を担当させる…


校長として…してはいけないことです。


日本の学校教育は相当免許状主義にもとづいて動いていますので。


それにしても…


「講師は英語が得意で外国人指導助手と英語で会話もできた」ということが、なぜ英語の授業を担当することにつながるのでしょうか?


校長として…あまりにも短絡的な思考なのではないでしょうか?


知らずに授業を受けていた生徒がかわいそうです。


このような問題が起きないようにするためには…


校長や少数の関係者だけが「英語免許を持っていないことを知っていた」という状況にならないような環境をつくる必要があります。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


[2013/12/30 19:10] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2554)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!