fc2ブログ
教員免許が「手元にない」教諭1000人
大阪府東大阪市の市立中学で45歳の男性が教員免許を偽造し、15年間にわたって無免許のまま教壇に立っていた問題を受け、府教育委員会が府内小中学校の教諭約1万5千人を対象に教員免許の保有状況を調査したところ、「手元にない」と申告した教諭が数百人から千人近くに上ることが2日、分かった。
以上、Yahooニュース(産経新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000125-san-life


「あるはずだが見当たらない」と返答する教諭が続出…


どういうことですか?


ずいぶんいいかげんですね。


それでいいのでしょうか?


学校の先生方は…


教諭として教壇に立って収入を得ているのですから、


教員免許がないというのは、冗談で済まされないことです。


これが…


ペーパーティーチャー(教員免許取得、仕事は教職以外)で、何回も引越しをしているとか…なら理解できなくもないですが。


それにしても…


採用した側の状況はどうなっているのでしょうか?


採用時に本人の履歴書とか経歴とか、担当する科目の免許状番号とかひかえているでしょう?


それに基づいて確認すればいいのでは?


まさか…


氏名と免許状番号を記録として残していない…なんてことはないですよね?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2014/04/04 05:02] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2553)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!