fc2ブログ
グーグルのメール共有サービスから情報流出
メール共有サービス「グーグルグループ」で空港の設計図などをグーグル日本法人が流出させていた問題で、東京駅や新大阪駅の内部情報もインターネット上で誰でも閲覧できる公開状態になっていたことが、11日分かった。
以上、Yahooニュース(読売新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140411-00050101-yom-sci


関係者の「外部に場所を公開することはあり得ない」と驚く…というコメントですが、


そんな他人事のようなことを言っていていいのですか?


内部情報に対する危機管理意識を高めてください。


なんらかのはずみ?で、通常なら起こるはずのないことが起こることも想定しておく必要があると思います。


たとえば…


初期設定の「公開」を「非公開」にしておいても、


なんとなく確認してみたら…


いつのまにか「公開」になっていたりとか。


その時点で気づいても…


「非公開」に設定していたものが、いつ「公開」になったのかわからない。


このようなことは、いくらでも起こる可能性があります。


毎日チェックしていても…


外部からの不正アクセスで設定を変えられてしまうかもしれません。


あるいは…


内部にスパイが紛れ込んでいて、


自己の身分を悪用して情報を流出させる可能性もあります。


しかも…


情報漏えいとなっても、謝罪するだけ。


謝罪しても、流出した事実は変わらないし、時遅しで…どうすることもできないのです…OMG。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2014/04/14 05:10] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2563)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!