fc2ブログ
小学生が天皇陛下の歌碑に上る 教諭は注意せず
 「東京から一番近い棚田」として知られる大山千枚田(千葉県鴨川市)で昨年12月、課外授業で訪れた東京都足立区の小学生らが天皇陛下の歌碑に上り、男性教諭が記念撮影しようとしているのを千枚田の保存活動に取り組んでいるNPO法人が見つけ、区教委に抗議していたことが13日、関係者への取材で分かった。
以上、Yahooニュース(産経新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140514-00000502-san-soci


「課外授業で訪れた」「自然教室で訪れた」…


ということは、授業の一環として実施しているわけです。


それなのに…


いったい、なにをしているのですか?


記念碑によじ登る…?


「学習」というより、遊びに行った…という感覚でしょう。


教諭もそういう感覚でその場にいた。


…であったとしても、


「学習」以前の「常識」として、記念碑によじ登ることがどれだけみっともない行為なのかということを、


教諭なら…いえいえ、大人なら、わかっているはずですよね?


注意しない(事の重大さに気づいていない)、という時点で、教諭としてどうなんでしょうか?


そこへきて…


区教委から出た驚きのコメント。


「学校が石碑のことを十分に調べていなかった」…


えっ?


どうしてこういう「ずれた」コメントが出てくるのでしょうか。


どっと…脱力感が押し寄せてきました。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       


スポンサーサイト



[2014/05/15 19:55] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2563)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!