fc2ブログ
独ジャーマンウイングス機墜落事故
フランス南部で起きた独ジャーマンウイングス機墜落で、ドイツ人の副操縦士が機長を操縦室から閉め出した後、降下ボタンを押し、意図的に墜落させた、ことが26日、仏検察当局から明らかにされたが、日本の国土交通省航空局によると、国内には操縦室に2人が常駐するよう定めたルールなどはなく、トイレなどで1人が外に出た場合、一時的に1人態勢となっている。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150327-00000023-mai-soci


報道されている状況から考えると…


今回のような事故は、


完全に防ぎきることが難しいのかもしれません。


ただ、


今回の事故を教訓にして、


乗客の安全を守るための対策を立てることはできるでしょう。


操縦室に2人が常駐するよう定める… 


というと、


現状では、


特に、長距離フライトでは、困難ではないかと思いますが、


操縦に携わらない乗員が一時的に入室して、


常時2人体制を維持することはできるでしょう。


それでも…


なにかメンタル的な部分の不具合によって、


操縦する者が常軌を逸した状況になると、


どうすることもできなくなるような気もします。


となると…


ひとつ考えられる方法は、


外部からのコントロール(操縦)とか、


でしょうか?


ただこれも、


悪用(テロとか)の恐れがありますけど。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2015/03/28 05:25] 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2562)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!