fc2ブログ
中国・天津の爆発事故、報道では伝わらない実態
 1週間たった現在でも事故の全容は明らかになっていないが、死者は約120人、行方不明者が約100人で、その多くが消火にあたった消防士だったようだ。彼らは火災現場に危険化学物質が貯蔵されていることを知らされておらず、放水が爆発を引き起こしてその犠牲になった。
 だが、ここでこんな疑問を持つひともいるのではないだろうか。
 天津は中国の直轄市のひとつで、域内人口は1500万人を超える。その新開発区の中心で大事故が起きたわりには、あまりに死傷者の数が少ないのではないか。
以上、Yahooニュース(ダイヤモンド・ザイ)引用
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150821-00077149-dzai-int


支配者たちは、


監視社会をつくりあげてきて…


さらにそのレベルを上げようとしていますが、


これを、


あまりやり過ぎると、


じぶんのクビをしめることになるのではないでしょうか?


…ふと、そんなことを思いました。


ところで…


これだけ、


情報化が進んだ世の中では、


いままでのような「隠ぺい」が


できなくなってきているのも事実です。


中国という国は…


人口からみて、


統制がとれなくなると、


もう、


どうにもならなくなると思います。


国家分裂、


内戦勃発、


という「爆弾」が爆発するときが近づいてる、


のでしょうか?






よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2015/08/23 00:18] 政治 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2563)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!