fc2ブログ
栄養教諭が足りない?/青森県
青森県は、野菜不足や塩分過多など子どもの食の乱れが深刻化し、全国の中でも肥満傾向にある児童の出現率が高くなっている。このような現状で、毎日の給食を通して子どもの健康管理を行いながら“食育”を実践する「栄養教諭」の重要性が増しつつある。しかし、県内では37人と全国で40番目に少なく、給食を実施している37市町村のうち、田子や南部など14市町村で未配置のままだ。
以上、Yahooニュース(デーリー東北新聞社)引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00010003-dtohoku-l02


栄養教諭が足りない…


という問題は、


改善しなければなりません。


なぜなら、


食育の推進が、


園や学校の大きなテーマになっているからです。


でも…


学校教育法をみると、


「必置」になっていません。


学校教育法第37条  
小学校には、校長、教頭、教諭、養護教諭及び事務職員を置かなければならない。
2  小学校には、前項に規定するもののほか、副校長、主幹教諭、指導教諭、栄養教諭その他必要な職員を置くことができる。


つまり…


栄養教諭は「…置くことができる」ですので、


「置かないこともできる」ということになります。


学校教育法上では、


「置かなければならない(必置)」とされている校長、教頭、教諭、養護教諭、事務職員より、


栄養教諭が、軽視されているのです。


こうなると…


「食育の推進」って、


「言っているだけ」


のような気がしてきます。


法改正して、


配置を義務づけたらどうですか?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2015/11/27 05:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!