fc2ブログ
公立中で全生徒にiPad を配布
最近よく聞く「ICT(情報通信技術)教育」。タブレットや電子黒板などICT機器を活用した教育のことで、政府は「2020年代に1人1台情報端末」の目標を掲げている。
以上、Yahooニュース(Yahoo!ニュース編集部/AERA編集部)引用
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6211283


なぜ…


iPadなのでしょうか?


このような機会にこそ


国産モデルのタブレットを導入すべきです。


それとも


iPadにしなければならない理由があるのでしょうか?


不可解です。


さて…


記事の内容ですが


かなり偏ったものとなっています。


メリットばかりを“盛って”


その教育的効果を煽っています。


確かに


双方向通信を使った授業は


良い面があると思います。


ですが


その良い面を覆い隠してしまうようなデメリットが


いくつもあります。


たとえば…


端末を使うことによって生じるテクノストレス(頭痛、肩こり、腕の痛み、目の不具合など)があります。


ほかにも


電源確保、端末の不調、端末から発せられる電磁波などがあります。


テクノストレスや電磁波は


成長期にある子どもたちにとって


さまざまな二次的健康被害をもたらす可能性があります。


また


一部の子どもたちによって


端末へのいたずら、プログラム改変、意図的破損などが行われるでしょう。


地域や学校によってはこのような不測の事態が多発すると思います。


まさか…


すべての子どもたちがタブレット端末を“正しく使う”


などと思っているわけではないですよね?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2016/08/19 21:22] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!