fc2ブログ
京都府中学英語教員がTOEIC受験(2)
前回の続きです。


さて


前回は


教員採用試験の合格条件に


英検準1級程度やTOEICスコア730以上といったものを設定すべきと書きました。


しかし…


英検準1級程度とかTOEICスコア730以上の教師が


生徒たちにとって


「良い先生」


になるとは限りませんので


採用する側は注意が必要です。


中学、高校の現状をみると


大量増殖している英語嫌いの生徒たちに対して


教科としての英語にどれだけ興味や関心をもたせることができるか…


これがうまくできない者は


英語教師には向いていないと思います。


どこに何年留学したとか


英検が何級だとか


TOEICが何点だとか


そういうことは


教師がじぶんから言うことではなく


生徒から「もし聞かれたら」言えばいいだけです。


英語教師として大切なことは


目の前にいる生徒が


どうすれば英語に目を向けて


真剣に学習に取り組むのかを


追求することです。


これは


とても難しい教育的アプローチです。


まずは


情熱と使命感をもって


生徒の目線に降りていけますか?


そして


教師自身が学ぼうとしていますか?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2017/02/18 20:59] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2614)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!