fc2ブログ
生後10カ月の赤ちゃんが犬に噛まれて死亡(2)
前回の続きです。


犬に首から頭を噛まれて亡くなったのが


生後十か月の赤ちゃん


ということで


補足したいことを書きます。


赤ちゃんの頭は頭蓋骨で覆われていますが


大人の頭蓋骨とはまったく違う状態にあります。


簡単に言えば…


赤ちゃんの頭蓋骨は


柔らかい


のです。


頭蓋骨に柔軟性が必要な理由は


第一に、柔軟性がないと


生まれるときに適切な状態で産道を通れないからです。


つまり


頭部を縮めるための柔軟性が必要ということです。


第二に


生後急速に脳が成長することから


脳の成長を妨げないような


拡張性


が頭蓋骨に求められます。


では…


その状態は


いつまで続くのでしょうか?


頭の前面の上くらいにある「大泉門」というところは


生後1歳半~2歳くらいになってようやく閉じてきます。


ですので…


前回のくり返しになりますが


体重が37キロもある犬が赤ちゃんのまわりをいったりきたりしている…


という状況がありえない


のです。


動物は動物であるがゆえに人間には理解できない部分が数多くあります。


もう少し


危機意識をもちたいものです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2017/03/12 20:32] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2604)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!