fc2ブログ
教諭「オカマ」発言で謝罪/蕨市立小学校
埼玉県の蕨市立小学校の男性教諭が、性的少数者(LGBT)の児童1人が在籍するクラスでの授業中に「誰だオカマは」などと、差別と受け取れる発言をしていたことが20日、市教育委員会への取材で分かった。この児童に向けた発言ではなかったが、教諭は児童と保護者に謝罪した。
以上、Yahooニュース(埼玉新聞)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00010012-saitama-l11


このように


報道されると…


意図せず


目立ってしまう


ということになるのでは?


この状況は


本人にとって


あまり


よいことではないと思います。


ところで…


発覚までの


経緯は


性的少数者である「児童の保護者が学校に抗議して発覚」


ですので


児童が親に伝えて


親が学校に抗議


ということになるでしょう。


ただ…


その児童が置かれている状況は


「男女両方の性に違和感」ですので


現時点では


性同一性障害ということではないですね。


報道の内容をよくみると


確かに


性同一性障害とは書かれていません。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2017/06/22 23:55] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2616)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!