コーヒー手渡し というニーズはある?
さまざまな業界で起きている人手不足は、コンビニ業界にも深刻な影を落としている。フランチャイズ店の中には、アルバイトの募集をかけても応募がなく、「一人あたりの業務量も増えている」という。たとえば、ローソンでは、従業員がコンビニコーヒーを客に手渡しする方式が採用されているが、このやり方が昨年、「コンビニ店員の業務負荷尋常じゃねぇぞ」とネット上で話題になった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00007368-bengocom-soci


手渡し方式は


おそらく


店を利用する客のニーズにないのでしょう。


その


ニーズにないものを


あえて導入して


ニーズしていくのがねらいなのかもしれません。


ですが…


そのオペレーションの負担は


すべてお店のスタッフに


覆いかぶさっている


というのが現状です。


買う側からすれば


カップさえ… 手渡しでなくてもよい と思います(セブン?)。


コンビニでの


労働力の確保が


相当困難になってきているところからすると


やならければならないこと(覚えなければならないこと)の


多さ


がアルバイト募集にも影響を与えていると思います。


ところで


コンビニのコーヒーですが


販売している側からみて


儲かるのでしょうか?


高価なマシンと原価の高いコーヒー


一杯100円をどれだけ売れば


ペイするのでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2018/02/02 23:13] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (535)
政治 (242)
社会 (321)
スポーツ (304)
教育/学校/子ども (1295)
エンタメ (185)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!