FC2ブログ
赤ちゃんが犬に噛まれ睾丸摘出
ある日の昼下がり、生後4か月の男児が母親の実家の居間で昼寝をしていました。母親が部屋を離れて15分ほどたった頃、孫の様子を見に行った祖母は驚きました。おむつにかまれた跡があり、出血していたのです。「犯人」はペットの小型犬、ミニチュアダックスフントでした。すぐに救急搬送されましたが、結果は深刻でした。右側の睾丸(こうがん)が砕けており、直ちに摘出手術が行われました。
以上、Yahooニュース(読売新聞 ヨミドクター)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-00010000-yomidr-sctch


だいじょうぶですか?


乳児が寝ている部屋に犬を入れるなど


ありえないことです。


おとなしいペットだから問題ない?


いえいえ


大問題です


そのおかしな考え方が。


おとなしい


という極めて主観的な見方もどうかと思います。


なにを根拠に


おとなしい


といえるのでしょうか?


犬は動物であって 犬 でしかありません。


人間とは違います。


どんな行動をとるか


飼い主だとしても


すべて把握できるわけではありません。


犬に限らず


ペットを飼うのは自由です。


しかし


今回の事故のような


関係の無い乳児や幼児に危害がおよぶような飼い方は


やめていただきたいと思います。


飼い主も


子どもの親も


危機回避意識や感覚が薄いと


今回のような事故が起こります。


それにしても…


怪我をした赤ちゃんがかわいそうです。


睾丸摘出は重傷です。


術後のケアや後遺症も懸念されます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2018/08/17 23:35] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (761)
政治 (307)
社会 (386)
スポーツ (383)
教育/学校/子ども (1539)
エンタメ (251)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!