fc2ブログ
カヤン族の伝統文化(2)
前回の続きです。


一部では


首長族の村について


人間動物園


といった批判の声が上がっていますが


現実的な問題としては


たとえば


金属の首輪によって


長期間首の部分の皮膚が外気に触れない


といったことが指摘されるでしょう。


汗をかいたら…


痒くなったら…


首輪の隙間から虫が入り込んだら…


どうするのか?


などなど


日常生活をおくるとき支障になる問題がいくつか出てきます。


このような生活衛生上の問題は


「纏足」でも指摘されています。


一方で


記事には


勉強をするために


首輪を外す


ということが書かれていますが


確かに


首輪を付けた状態で


勉強をするのは


首に相当の負担がかかると思われます。


それにしても…


女性だけが


なかば強制的に


あるいは不当に


しかも「痛み」「苦痛」を伴って


維持される伝統文化。


それでいいのでしょうか?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2018/10/13 23:07] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2560)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!