fc2ブログ
女子駅伝アクシデント 四つんばいで200m進む
全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、岩谷産業の第2区・飯田怜(19)が残り約200メートルで走ることができなくなり、両膝を付き、四つんばいになって第2中継所の勝浦浜を目指すアクシデントがあった。
以上、Yahooニュース(日刊スポーツ)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00368426-nksports-spo


本人の意思を尊重して


止めない


というのが正解なのでしょうか?


確かに


テレビ放映的には


止めないほうが視聴率をとれるでしょう。


ですが


四つん這い


という状態になった時点で


誰かが止めるべきです。


もっと言えば


走れなくなった時点で止めるべきです。


なぜなら


駅伝は各区間のメンバーが「走って」襷をつなぐ競技だからです。


ランナーが走れなくなった時点で失格


というルールをつくれば


今回のような事故は防げるでしょう。


というか


本来であれば


そういったルールがなくても(監督やコーチから要請がなくても)


運営側が即座に止める決断をすべきです。


今回は、監督やコーチが棄権を要請したのに運営側がそれを聞き入れなかったようですので


狂気の沙汰


ではないでしょうか。


200メートルも四つん這いで進むという状況を美化して称賛しても…


仮にそれが原因で…


これから先の「走り」に支障が出たら


いったい誰か責任をとるのでしょうか?


自己責任ですか?


考え方がおかしいと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2018/10/24 23:35] スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (905)
政治 (340)
社会 (435)
スポーツ (440)
教育/学校/子ども (2561)
エンタメ (313)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!