FC2ブログ
赤ちゃんの言語発達
「ママー」「パパー」と、初めて赤ちゃんに呼んでもらったとき、思わず顔がほころんでしまうでしょう。
以上、Yahooニュース(たまひよONLINE)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181024-00003657-tamahiyo-life


言葉を発するまでの段階が


概要


になっていますので


補足します。


まず最初の段階は「泣く」ことからはじまります。


次に「ク―イング」(呼吸を調整して音を発する⇒「あー」「うー」)に進みます。


そして次は「喃語」(ク―イングのバージョンアップ⇒「まんま、まんま」「ぱんぱ」「ばぶばぶー」)の段階にステップアップします。


喃語の次は「指さし」です。指さしは、生後10から11ヵ月くらいから表出しはじめ1歳を超えてもみられる動きです。指さしは、乳児が言語未獲得の状況で、言語の代わりをする動作です。指さしには「ほしい」「見たい」「何?」「食べたい」「来てほしい」などさまざまな意味がこめられています。


さて…


指さしが一段落すると、いよいよ言語獲得のステージにステップアップします。


それは…


初語(意味のある言葉を発した最初のもの)にはじまり


一語文(ひとつの単語から成り立つ文)へと進み


さらに


二語文(ふたつの言葉から成り立つ文)へとレベルが上がっていきます。


注意点としては


子どもの言語発達を年齢の枠で固定的にみてはいけない


ということです。


言葉の獲得は


個人差がありますので


その点に配慮した関わり方、育て方をされたほうがよいかと思います。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2018/11/05 23:46] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (587)
政治 (257)
社会 (338)
スポーツ (325)
教育/学校/子ども (1348)
エンタメ (199)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!