FC2ブログ
日本における親権問題
離婚後も両親ともに子供の親権を持つ「共同親権」に関し、法務省は17日の衆院法務委員会で、外務省を通じ世界24カ国での離婚後親権制度の運用実態を調査すると明らかにした。7月末までをメドに調査を行い、共同親権を取った場合の問題点などを整理する。
以上、Yahooニュース(産経新聞)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190417-00000594-san-soci


いわゆる夫婦の不仲を原因とする


離婚は


当人同士の問題であって


子どもには関係がありません。


日本では


離婚に至る過程で


子に対して


父親と母親どちらがいいか? という選択を迫ります。


これがそもそもおかしいのです。


なぜ 子どもにそのような選択を迫るのか?


関係ないじゃないですか。


子どもにとって どちらを選ぶか などということは。


もちろん 子どもがどちらを選択しても


その選択通りにことが進むとは限りません。


ただ 希望を聞いているだけです。


決めるのは親同士であって


最終的には 子どもが希望しない側の親に親権が行くことも少なくありません。


親が離婚しても


子どもにとっての親の存在は変わりません。


父親も母親も親なのです。


このように考えると


単独親権は


子どもへの配慮を欠いた制度なのではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/04/20 23:39] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (695)
政治 (295)
社会 (360)
スポーツ (356)
教育/学校/子ども (1464)
エンタメ (231)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!