FC2ブログ
卓球部顧問「殺すぞ」「殴るぞ」「馬鹿野郎」
高萩市内の中学3年生の女子生徒(15)が自殺した問題を受け、県教委は9日、水戸市千波町のザ・ヒロサワ・シティ会館(県民文化センター)で、県内小中学校などの校長を集めた緊急の研修会を開き、自殺予防の徹底や子どもに寄り添う指導の充実について確認した以上、Yahooニュース(茨城新聞クロスアイ)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000001-ibaraki-l08


どれだけ


「部活動は指針に基づき行き過ぎた指導を防ぐ」


としても


暴言を浴びせた とされる


卓球部顧問の男性教諭からのコメントを聞かない限り


なんともいえません。


と同時に


ほかにもいると思われる


暴言顧問と同じようなことをしている教諭


の考え方が変わらないようでは


「寄り添う指導の充実」


は実現できないでしょう。


最大の問題は


「指導」という名目で


「虐待」「暴力行為」をしている顧問教諭が


その事実にまったく気づいていないという点です。


彼らが言うところの指導のなかに「児童虐待+暴力」が含まれるのです。


そしてそれが


当然


という認識を持っています。


現状


所属している生徒が


「部活動はつまらない、イライラする」のに


部活を「やめにくい」風潮も問題ではないでしょうか。


なぜ「やめにくい」のか?


それは やめたことで陰口やハラスメントに悩まされるからです。


これでいいのですか?



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2019/05/13 23:05] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (678)
政治 (290)
社会 (355)
スポーツ (352)
教育/学校/子ども (1439)
エンタメ (227)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!