FC2ブログ
運動会が午前で終わるプログラム
札幌市内で1日、全199小学校の7割ほどで運動会が開かれた。市内では今年、昼食前に運動会を終える学校は124校と昨年の1・5倍、全体の6割超を占めるまでに増えた。
以上、Yahooニュース(北海道新聞)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00010000-doshin-hok


共働き世帯からすれば


運動会は


大きな負担


になります。


一方で


子どものために


ある程度自由に時間を使える世帯からすれば


運動会は


大きな楽しみ


になります。


つまり… 


運動会の変容は 


格差が広がってきている日本社会を映し出しているのです。


たとえば


運動会のお弁当 


となれば 子どもと家族がお昼の時間一緒に食べるという光景がイメージされます。


ですが


仕事の都合や家庭の事情によって


運動会に来れない保護者がいます。


この状況にあてはまる子どもをどうするのか?


学校側としては 


なんらかの配慮をしなければなりません。


学校側がなにもしなければ


運動会が楽しかった という子ども(保護者)がいる一方で


運動会はつまらなかった という子どもが続出するのです。


過去(父親の収入だけで生活ができる)への回帰ができなければ


伝統的運動会の形態は 過去のものになっていきます。


運動会午前終了 という形態の変化は


当然のなりゆきではないでしょうか。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2019/06/04 23:17] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (678)
政治 (290)
社会 (355)
スポーツ (352)
教育/学校/子ども (1439)
エンタメ (227)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!