FC2ブログ
もたれかかると危険なこともある/日常生活
7日夜、東京・台東区で、歩行者の男性が工事現場のフェンスにもたれかかったところ、フェンスが倒れて穴に落下し、男性が死亡する事故があった。
以上、Yahooニュース(日本テレビ系NNN)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190708-00000422-nnn-soci


この事故については


あまり想定しない状況で起こったといえます。


工事現場のフェンスがあれば


通常は


そこで立ち止まらず


そのまま通り過ぎると思います。


なんらかの危険があるから


フェンスが設置されている


と理解するのが一般的ではないでしょうか?


つまり


立ち止まって さらに フェンスにもたれかかる


という行動をとるのは 稀 ということです。


工事現場のフェンスは


もたれかかるもの… 場所… ではないのです。


一方で


普段の生活に目を向けると


もたれかかるところではないものに


もたれかかっている光景が溢れています。


たとえば


電車のドアです。


それほど混んでいないのに


あえてドアに 背中をつけて もたれかかる。


この状態


非常に危険なのですが


もたれかかっている本人は なにも考えていないようです。


なにが危険かというと


走行中に 


ドアが開く 


ことがあるのです。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト
[2019/07/12 23:13] ブログ | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (678)
政治 (290)
社会 (355)
スポーツ (352)
教育/学校/子ども (1440)
エンタメ (227)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!