FC2ブログ
公立学校教員採用試験出願者減少傾向/福井県
福井県教育委員会の2020年度公立学校教員採用試験で、教諭枠の出願者は前年度比102人減の766人となった。減少は7年連続で、出願者が800人を割り込むのは1993年度採用試験以来。20年度の募集人員約200人に対する倍率は0・51ポイント減の3・83倍。第1次選考は7月13、14日に実施。
以上、Yahooニュース(福井新聞ONLINE)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190714-00010000-fukui-l18


全体として減少傾向となっている


福井県の公立学校教員採用試験ですが


特に


「既卒者の志願者数が大幅に減少」


しているようです。


このような状況がみられる背景には


現役学生、既卒者も含めて


教職離れ


が表出しているからだと思われます。


そして 


教職離れを引き起こしているのが


教師の仕事の多忙さ


にあるのです。


実際


学校における働き方改革は


進んでいる


とはいえません。


これをなんとかしなければ


今後も「教職離れ」の傾向は


変わらないでしょう。


それにしても…


「小学校教諭の倍率は2・94倍」


という数値は


低すぎると思います。


教師の質の低下が危惧されます。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/07/18 23:01] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (695)
政治 (295)
社会 (360)
スポーツ (356)
教育/学校/子ども (1464)
エンタメ (231)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!