FC2ブログ
口腔崩壊の児童・生徒/石川県内の学校の場合
石川県内の約4割の学校で、10本以上の虫歯があるなどの「口腔(こうくう)崩壊」の児童・生徒がいることが、県保険医協会による初の調査で分かった。
以上、Yahooニュース(毎日新聞)引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000040-mai-life


なぜ


口腔崩壊


という状態になるのか。


原因は


虫歯になる前の段階にあります。


子どもは


いきなり自分で歯を磨くようになるのではなく


まず


磨いてもらう


という「経験」から学びます。


これによって歯の磨き方を覚えるのです。


なぜ この「この経験」が必要なのか?


その理由は


幼児が歯ブラシを自分の口の中に入れるという行動は危険を伴うからです。


幼児で虫歯があるという状況には


その子の親の


養育態度


が映し出されています。


これ 親として 恥ずかしいことです。


たかが子どもの歯磨き… ではありません。


親が子どもの歯を磨くという行為は


親と子の重要なコミュニケーションの機会です。


それを放棄してなにもしないから


幼児なのに 虫歯 となるのです。


ネグレクト という児童虐待ですね。



よろしければランキングバナーの1クリックをお願いします。       

スポンサーサイト



[2019/08/05 23:23] 教育/学校/子ども | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

最新記事

カテゴリ

ブログ (685)
政治 (294)
社会 (357)
スポーツ (354)
教育/学校/子ども (1453)
エンタメ (229)
おもしろブログパーツ (26)
商品紹介 (9)
おすすめ情報 (7)
アフェリエイト (0)

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


JapanReport

Awesome!

gainly

あの歌の歌詞は?

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

【ショッピングコーナー】

お気に入りのアイテムがあるかもしれません

【ショッピングコーナー2】

人気のアイテムをラインナップしました!